ハイドロキノンの利点

ハイドロキノン配合の化粧品を使用する利点は、なんといっても美白効果が強いことです。

この他にも美白効果がある成分はたくさんあります。

例えば、アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、レチノイン酸といった成分はよく美白化粧品に使用されています。

こういった有効成分よりもハイドロキノンは圧倒的に美白効果が高いので、
他の美白化粧品では改善しなかったシミでも治せる可能性があります。場合によっては昔できたシミに対しても高い効果を発揮することもあります。

わざわざ皮膚科に行かなくてもシミやニキビ跡を治せるというのも利点だといえます。皮膚科でレーザー治療をすることでシミやニキビ跡を治すことができますが、それなりの費用がかかってしまいます。

また副作用や後遺症の心配もあるので、気軽に受けられるものではありません。しかし、ハイドロキノン配合化粧品の登場によって、自宅で気になる部分を治せるようになりました。

あまりにも症状が重いものは不可能ですが、でき始めのものなら高い確率で消すことができます。

皮膚科で治療するよりも手間もお金がかからないので、まずはハイドロキノン配合化粧品でケアしてみてはいかがでしょうか?

ハイドロキノンの欠点

ハイドロキノンの欠点は、漂白効果が高すぎるため、肌へのdamageも大きいことです。濃度が高ければ高いほど肌トラブルを起こす可能性も高くなります。

5%未満のものなら副作用を起こす確率は低いといわれていますがゼロではありません。1%や2%の低濃度ハイドロキノンでも使用方法を間違えたり、長期間使い続けることによって肌troubleを起こす可能性は十分にあります。

炎症を起こす程度ならまだいいですが、一番やっかいなのが白斑です。白斑とは色が白く抜けた状態のことで、皮膚が不自然に白くなり、シミ以上に目立ってしまいます。
これができてしまうと最悪元の状態に戻らないケースもあるので注意しなくてはいけません。

もう一つのデメリットは、ハイドロキノン配合化粧品の価格です。一般的な美白化粧品なら1000円~2000円程度で購入できるかもしれませんが、ハイドロキノン配合のものとなると5000円以上します。

高いものだと10000円以上する化粧品も珍しくないので、そう簡単に購入できるものではありません。

使用箇所が多ければ多い方がたくさん使うことになるので、その費用もかかってしまいます。

いくら効果があっても使い続けることができなければ意味がないため、無理のない価格のものを探しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です